クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

2017年01月

こんにちは!豊永よしこです。
メルマガ2月号の内容が決まりました!

1.最近の教室から~勉強会エントリー開始!
2.アレクサンダーテクニークって何だろう?
3.中高生のソロコンクールを審査して思ったこと
4.コンサート情報
5.新メニュー概要
6.注目のブログ記事
7.今月のおススメ動画


目玉は中高生を80名審査したソロコンの感想、おススメ動画です。
アレクサンダーテクニークについても、色んな誤解があると思うので
ちょっと書いていきたいなと思います。
1月号で1月に発表すると予告していました
新メニューが完成しきらなかったので
まずはメルマガで概要をお伝えしたいと思います。

あ、自分の出るコンサート情報載せたい!という方は
早めにお知らせください。まだ受け付けています。
現段階で3分の2ぐらいしか出来上がっていませんが(^_^;)
残り頑張ります!!
今回も長く濃いです(笑)
興味のある方は、ぜひご登録ください。

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村



こんにちは!豊永よしこです。

先日お知らせした勉強会、早くも9名のエントリーを頂き
曲も続々と決まってきました。
これまで決まった曲は次の通りです。

・ガーデ:ファンタジーシュトゥックよりバラード
・シューマン:ファンタジーシュトゥックよりⅢ
・サン=サーンス:ソナタより第1楽章
・ブラームス:ソナタ第1番より第1楽章
・サン=サーンス:ソナタより第4楽章
・シューマン:ファンタジーシュトゥックよりⅠ


何故か最近シューマン人気です!
他の本番でも演奏する方が結構いらっしゃいます。

まだ5名ほど参加できますので、迷っている方はお早めにお知らせください(^^)






毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村




こんにちは!豊永よしこです。

【今週末のレッスン空き情報(随時更新)】
・4日(土)15時以降
・5日(日)11時

ご希望の方はお早めにお知らせください。
よろしくお願いいたします。



先週末はソロコンクールの審査で80名の演奏を聴いてきました。
色々思うところありましたが、
この事については、1日のメルマガで書こうと思います。

メルマガのコンサート情報に掲載したい方は
お知らせください。
現在1団体の情報を掲載予定です。
団員募集の情報もOKです。

6月4日の勉強会のエントリーも
続々と頂いています。現在9名です!
今回は特に出足が早く、曲も半数以上の方が決まっています。
あと5名ほどで〆切りますので
出演希望の方はお早めにお知らせくださいね(^^)






毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村




こんにちは!豊永よしこです。
フェイスブックで指かけ(サムレスト)の高さについてご質問頂いたので
私の考えを書いてみたいと思います。

最近の楽器の多くは、指かけの高さが調整できるようになっています。
高さは、特に決まりはありません。親指を乗せる位置と同じく、
痛みや違和感が無く、
指が動かしやすい高さならどんな高さでも良いと思います。

どれくらいの高さがいいかは、体格、姿勢、構え方、手の大きさ、
指の重心の取り方、動かし方のクセ、力み具合等によって決まってきます。
姿勢や構え等を自分で調整するのはなかなか難しいので
ここで多くは書きませんが
一番いいのはアレクサンダーテクニークの先生に見て頂く事です。

それが難しい場合は、自分で色々な高さを試してみますが
この時気を付けたいのは、指かけだけに気を取られずに
身体全体、空間全体を思って吹く事です。
指かけだけに気を取られると、そこだけに神経が集中してしまい
どの位置でも違和感を感じてしまい
よく分からなくなります。

また調整する時は、違和感を探しに行かないようにしましょう。
重大な違和感は、身体の方から教えてくれます。
…とはいえ、とても良い場合でも、大きな違和感が出る事もあるので
やはり自己判断は難しいと思います。

私がこれまで見せて頂いたケースでは、
指かけの高さが故障や動かしづらさの原因になっている事は
ほとんどないように感じます。
多くの場合は、身体の使い方や、考え方のクセが
原因ではないでしょうか?

教室でも指かけの位置についてアドバイスしています。
悩んでいる方がいらっしゃったら
ぜひレッスンで聞いてください(^^)









3月20日「A管をもっと響かせてみよう!グループレッスン」
お席残り1名です。
詳細、お申込みは
こちら


レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






image

こんにちは!豊永よしこです。
先日、レッスンの準備の為にこの譜面を練習していました。

まあまあ黒いですね…8割ぐらい出来ていたので、より正確にしようと思い、練習していました。

でも、簡単な所でポロポロ間違えてしまうんです。何でだろう…と思ったら、楽譜にギューッと吸い込まれていました!その距離、身体から30センチ…非常に近いです。

普段エラそうな事を言っていてお恥ずかしい(^_^;)これじゃダメだと思い、一歩楽譜から遠ざかりました。身体から70センチ。最初ちょっと遠いかなと思いましたが、結構空間も広く使えていい感じです。

それで吹いてみた所、すんなり出来ました!楽譜も吹いている所だけでなく、その前後も良く見えるようになり、とても吹きやすくなりました。

真っ黒い楽譜と仲良くなるには、程よい距離を保つ事・・・人間関係と一緒ですね。

楽譜から離れる事で目の使い方が変わり、空間の捉え方が変わり、身体全体の使い方も変わります。楽譜と自分の距離についてはアレクサンダーテクニークのレッスンでもよく指導されることです。良かったら試してみてください(^^)



★グループレッスンでは、楽譜の見る時の目の使い方、楽に吹ける視界の取り方も学べます。真っ黒い楽譜が苦手な方、楽譜を持ってご参加ください(^^)

7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









↑このページのトップヘ