クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

2016年09月

こんにちは!豊永よしこです。
学生時代に先輩や先生に言われた言葉
大人になった今も縛られ続けていませんか?

「音が汚い」
「音程が悪い」
「指が回らない」
「歌うのが下手」 etc・・・

10~20代の感性の鋭い時代に言われた言葉は
心に深く刻みつけられ、大人になっても呪いとなって
今も苦しめられている方も多いと思います。

でも、静かに考えてみましょう。
それはすでに過去の事ですよね。
その当時はそうだったとしても、その後練習を続けていれば
今はレベルアップして、その言葉は当てはまらないはずです。

また、その言葉は本当に本当の事だったのでしょうか?
言葉を選ぶ習慣がなかったり
教える経験が少なくて何を言っていいかわからないから
苦し紛れに口から出た言葉かもしれません。
先生や先輩も人間です。ただのストレスのはけ口だったかもしれません。

尊敬できる先生や先輩であっても
完璧にあなたの事を気遣う事は出来ません。
時には不用意な言葉を発してしまう事もあります。

長い間心から離れず、苦しめられる言葉は
今では当てはまらないかもしれないし
実は本当ではないかもしれないんです。

自分なりに向上心を持って練習を続けているなら
過去の言葉の呪いから自由になりましょう。
教室でもお手伝いをしますが、呪いを解くのは自分自身です。
もう十分苦しめられてきましたよね?いい加減自分を解放してあげませんか(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
初心者の方や、ブランク明けで再開してすぐの方は、
つい夢中になり練習をやりがちです。
気持ちは吹きたくて仕方がなくても
身体が付いていかない事も多々あるのです。
無理をすると、悪い癖がついたり
身体に痛みが出てしまう事もあります。

どれくらい練習できるかは個人差がありますが
これらのサインが出る前に休憩する事をおススメします。

1.唇の端から息漏れ
2.肩が凝る、首、腰、背中が痛くなる
3.腕、手首、指が痛くなる
4.目が疲れる


もしこれらのサインが出てしまったら、休憩して
身体を動かしたり、楽器以外の練習(楽譜を読んだり音楽を聴いたり)をしましょう。
休憩して再開してもこのサインが出る時は
その日の練習は終わりにしましょう。

練習を長時間続けるには、ある程度の経験が必要です。
初心者の方、ブランク明けの方は特に
短時間を回数やる事をおススメします。
例えば、1時間あったらノンストップでやるよりも
10~15分練習したら5分休み、と分ける方が
練習効果が出ます。

楽器の上達で一番大事なのは、長く続ける事です。
無理なやり方では長続きしないどころか、
身体を壊してしまう事もありますので
慣れないうちは特に「ちょっと物足りないな~」で
休むように心がけてみてくださいね(^^)




10月10日・見学受付中です。
『基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。
珍しく人間関係ネタです。
自分の経験から思った事があったので、書きたいと思います。

職場や学校、楽団で苦手な人がいると
なかなか苦しいですよね。
私も苦手と思うと、その場にいるのが苦しくなってしまいます。

苦手をすぐ受け入れるのは難しいのは分かっているけど
何かいい対策はないかな~と考えていました。

色々考えていて気づいたのですが、
なんと私は、その人(Cさん)が苦手なのにもかかわらず、
心の中でこんなイメージを持っていたんです。

Aさん Bさん Cさん
Dさん Eさん Fさん

苦手なんだから気にしなければいいのに、
自分でわざわざ目立つように位置づけしていたんです(笑)
目立てば気になるし、より影響を受けてしまいます。
何をしてるんだろう!?と気づいて
意識の中でCさんを他の人と同じ黒字に戻すと、
苦手なのは変わらないのですが、あまり気にならなくなりました(^^)


これでまた気づいたのですが
楽譜の中で苦手なパッセージにグルグルと丸を付けるのも
同じことかもしれませんね。
目立たせてしまっているので、
練習して出来たとしても、見た途端に身構えてしまいがちです。

私がお勧めしたいのは、要練習の箇所は
こんな風に付箋で目立つようにしておきます。
b1e72a2c.jpg
出来るようになったら外します。


思わぬところに着地してしまいましたが
これも含めてよかったら試してみてください。
ちょっと心の荷が軽くなるかもしれません(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。

【今週末のレッスン空き情報(随時更新)】
・1日(土)17時半
・2日(日)10時、14時、17時半

ご希望の方はお早めにお知らせください。
よろしくお願いいたします。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
教室ツイッターに、1日1回、
うもれている過去の記事をツイートする事にしました。
(PCでみるとブログ右側に張り付けてあります
@fujisaki_claをフォローして頂けると確実です(^^)
よかったらチェックしてみてください!

発表会まで2か月になりましたね。
順調に練習が進んでいる方、これからの方色々ですが
ご自身なりに計画を立てて
第1回合わせの日には余裕をもって演奏できると良いと思います(^^)






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。

教室の年1回の発表会、曲目&エントリーが
出揃いました!
今回長めの曲が多いです!

・ウェーバー:グランドデュオコンチェルタントよりⅢ
・ニューシネマパラダイス
・ガーデ:ファンタジーシュトゥックよりバラード
・カユザック:オック地方の歌による変奏曲
・モーツァルト:コンチェルトより第1楽章
・ブラームス:ソナタ第2番より第3楽章
・フォーレ:シチリアーノ
・ビゼー:歌劇「カルメン」より間奏曲
・サン=サーンス:ソナタより第1楽章
・ウェーバー:コンチェルト第1番より第2楽章
・シュターミッツ:コンチェルト第3番より第1楽章
・シューマン:3つのロマンスよりⅡ
・ヴィドール:序奏とロンド
・シューマン:ファンタジーシュトゥックよりⅡ
・全員合奏:ロンドンデリー





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ