こんにちは!豊永よしこです。

演奏の時は、重心を下げて、足にしっかり体重を乗せて、
丹田に置いて云々・・・時々聞く話ですよね。

私も演奏の時に重心をどうしたら良いのかな?と
考え続けてきましたが、今の考えとしてはこうです。

「重心を考えなくても、引力があるから大丈夫」
「身体のバランスが整ってくると、自然な重心がやってくる」


人間には全員、地球の引力が働いています。
その結果、何もしなくても地に足を付けていられるわけですが
自分で何もしなければ、どんどん引力に負けて、
身体は床の方向に落ち、バランスよく動けなくなってしまいます。

引力のお陰で「重心を下に」の方向性は、
自分が何もしなくても24時間働いているんです。

働いていないのは、自分の身体を起き上がらせ、バランスを取る
「下」以外の方向性です。
これは自分が意識しないと働いてくれません。
アレクサンダーテクニークでは、
身体を起き上がらせる「下」以外の方向性を身体に覚えてもらいますが
それは「引力と自分の身体をバランスさせる為」ではないかと思います。


重心が上に行って演奏しづらい、と感じる時は
腰や背中が反り返っていたり、足が突っ張って固まっていたり
身体全体を忘れて、部分だけを考えて演奏している場合が多いようです。

また、「重心を下に」と心がけている方を観察すると
本来の身体の大きさより小さく縮まってしまって、
その為に自由な動きが出来なくなっている状態をよく見ます。
「重心を下に」という心がけが、演奏の邪魔をしているのです。

「下」以外の方向性によって、最適なバランスに近づいてくると
自然な重心が生まれ、
驚くほど楽に演奏できるようになったり、
重心を考えなくても落ち着いて演奏できたりと
新境地が開けてきます。

重心を下げているのに、
あまり効果がない、むしろ苦しい・・・という方は
ぜひレッスンにいらっしゃって下さい。
探究のお手伝いをしていきたいと思います(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村