クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

初心者の方へ!リードを付けたらここを最終チェック!

春から趣味や部活でクラリネットを始めた方も多いと思います。教室にも大人や小中学生の初心者、初級者の方がこの春かなり増えました。

初心者の方にとって最初の関門は「楽器の扱い方」ではないでしょうか?楽器のどこを触って、どう組み立てたらいいのか?リードはどうやって付けるのか?どうやって手入れしたらいいのか?!…新しいことが沢山あります。

その中でも重要なのに見落としがちなのは、リードの付け方です。教室では慣れるまでは組み立て、リード付けが出来たらチェックさせてもらうのですが、こうなっていることが結構あります。
FullSizeRender

リードの下の部分が斜めにズレているんです。リードの先端はきれいに付けられていても、下の部分を見ると、こんな風にすこーしズレています。

リードのズレは、リガチャーを締めるときにリードの下部分を指で押さえておくことで予防できます。

また、時々リガチャーを締めるとリードが斜めになってしまうリガチャーもありますが、そんな時はリガチャーを変えてみてください。

いつも音の出が悪い、良い音が出ないときは、もしかしたらリードの下部分がズレているのかもしれません。そんな時はリードがズレていないかチェック!私も今も毎回チェックしています。1秒で出来るので必ずやってみてくださいね(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




私のリードケースの中身

FullSizeRender

気まぐれにリードケースの中身を撮ってみました。

左側3枚はいつも使っているリード、その隣2枚はちょっと古くなって薄くなっているけど、慣れているので安心感のあるリード。

右側の4枚はマウスピース選定の時に使うリードです。マウスピースの種類が違うと合うリードも違うので、左側のリードとは傾向の違うリードを入れています。

ちなみに敷いているのはあぶら取り紙です。何も敷いていないより早く乾燥するので使っています。(ごく普通のドラッグストアなどでも売っているものです)

そして育て中のリードはこちら
FullSizeRender

最近は2箱同時に出しています。以前は10箱同時に出していたこともありますが、思い返せばその頃は今思えばスランプ期でした。

いいリードがないというよりは、自分の調子が悪くていいリードが見つからなかった模様です(苦笑)

リードは水に浸さずに、1枚10秒ぐらいから始めて慣らしていきます。色々試して調べた結果、一番シンプルな方法に行き着きました。

慣らして吹きやすいリードが定まってきたら、リードケースに昇進します。今回はどのリードも平均点には達しているので、ちょっと期待しています。

リードも人間も有機体ですから、変化も激しいし、ままならないことも沢山ありますよね。その変化の波をサーフィンしていくような柔軟さがリード選びにも必要なのかも、と思う今日この頃です(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  







比較するなら他人とではなく…

a7d7d054db284ed6d21eeaba6598b2c1_s

上手な友達と自分を比べて落ち込んでしまったり、はては上手な後輩と比べて自分にダメ出ししてしまうこと、ありませんか?

他人と比べることがパワーの素になればいいのですが、多くはあまりいい方向に行かないような気がします。
そんな時に出るパワーは、何か不純物を含んだような、すぐガス欠になりやすいような印象があります。

もし人との比較でパワーダウンしてしまうのなら、代わりに過去の自分と比較してみましょう。

・30分前の自分と比べる
・半年前の自分と比べる
・新しい練習法を取り入れる前と後の自分を比べる
・レッスンに通う前と後の自分を比べる

意図をもち頭を使って練習していれば、必ず何か変化や上達を感じられるはずです。

全く変化が感じられない、上達なんてしてないと思う時は、自分に厳しすぎるのかもしれません。

また、練習する姿勢自体に改善点があり、見直す必要があるのかもしれません。

私たちは小さい頃から他人と比較されることも多々。それが当たり前になっていることも多いと思います。でももうそれに違和感を感じるなら自分で変えられます。

他人と比較するのに違和感を感じたら、過去の自分と比較することを選択してみる。それでやる気が出てくるならいい選択なのではないでしょうか?

思いグセを変える練習です。興味があったら試してみてください(^^)



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






6月のレッスンスケジュール

FullSizeRender

6月は24日が勉強会のほかは通常営業です。(青いマークがお休み)もうすでに予約が多く入っていて、月初めに部活の予定が出るとさらに学生さんの予約が入ってきますので混んできます。ご希望の方はお早めにお知らせください。

勉強会の見学の募集は定員に達しましたので、〆切らせていただきます。

6月のATレッスン始動に向けて準備を進めていますが、実はまだまだやることが終わってません。ここ数日時間があるのでスパートをかけて頑張りたいと思います(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





メルマガ6月号の内容!

13c922a579c7e5362767e1ce61f7a4e4_s

6月1日配信のメルマガ6月号の内容はこのようになりました。


【今月のメニュー】
1.最近の教室から~アレクサンダーテクニークレッスン、本格始動します。
2.勉強会のご案内
3.出張レッスンのお手伝いをしてくださる方を募集します。
4.今後のグループレッスン開催に向けて、アンケートのお願い
5.注目のブログ記事
6.コンサート情報
7.体験レッスンにいらっしゃる方の多くが口にする言葉


アレクサンダーテクニークレッスンの募集&本格始動特典をメルマガ読者の方に先にお知らせします。

また、今後のグループレッスンについてのアンケート、出張レッスンについても書きましたのでご興味のある方はぜひメルマガに登録していただければと思います(^^)



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



全音域の音がきれいに響いている人は何をしているのか?

126331

低音域からスロートトーン、高音域までどの音域もきれいに音が響いている人は一体何をしているのでしょうか?

どの音も安定して聴こえ、しかも生き生きした音。なぜそう聴こえるのかというと、音域によって息を変えているからです。息の太さ、息の勢い(風速)などを微妙に変えています。

それだけでなく、アンブシュアや身体の使い方、考え方など、あらゆることを微細に変えています。それは職人芸の域です(^^)

均一に聴こえるからといって、息の勢いを均一にはしていません。まっすぐ安定して聴こえるからといって、息をまっすぐ勢いを固定させる感じでは吹いていないんですね。クラリネットは音域ごとに息を微細に変化させる楽器なんです。

「いい音だな~私もあんな音出したい!」と思ったら、その音を真似する前にその人が何をやっているかを観察して考えてみましょう。必ず微細な動きがあるはずです。そして自分でもやってみる。結果である音はその後についてきますよ。

レッスンでは演奏の時の動きもみていきます。固まっている身体が緩んできたり、動きの質が変わってくると音はおのずと変わってきます。

身体の動きと音、あまり関係がないようですが、切っても切れないほどつながりがあるのです。音を根本から見直したい方、ぜひレッスンに来ていただきたいと思います。





楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





新しい仲間?が入りました(^^)/

IMG_1197

このボール、知っていますか?筋トレに使うものですが、このボール(5キロ)と頭の重さはほぼ同じなんです。実際にこのボールを持つと、重さに驚きます。

ためしに頭の上に乗せてみました。乗せているとき、バランスが取れていると大丈夫なのですが、バランスが取れない状態だと重さが支えられなくなったり、身体が固まって動けなくなってしまいました。

演奏の時にはこの重さを頭の上に乗せながら何時間も吹いているなんて…そりゃ扱い方を知らないと上手くいかないし故障も出るよね~と思いました。

アレクサンダーテクニークでは、この頭の重さとどう付き合っていくかを色々な方法で探求していきます。色々な動き…もちろん演奏の時にどうバランスを取っていくかも練習していきます。


6月から本格的にアレクサンダーテクニークの生徒さんを募集する予定です。興味のある方はぜひブログ等をチェックしてもらえたらなと思います(^^)/



ちなみにこちらで買えます。夫は今はまっている筋トレにちょうどいいと大喜びしています(^^)/






楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場