アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

こんにちは!豊永よしこです。
今日は低音の吹き方です

image

image

上のフレーズは低音から始まるもの、下のフレーズは向かう先が最低音でクレッシェンド、アクセントも付いています。ここはどう息を使って吹くでしょうか?よく聞くのは

ベルまでしっかり響かせるように息を吹き込む
気合を入れて気持ちを込める etc

それでうまくいけばOKですが、音が荒れたり、音程が不安定になりがち。今日は私がおススメする息の方向を提案したいと思います。

ブログを読んでいる方は耳タコ(笑)かもしれませんが、息の方向は低音を吹く時も「身体の中を通る方向」です。初耳の方はこちらをご覧ください
アレクサンダーテクニークで学んだ、これまでの常識を覆す息の方向

この息の方向だと、気合を入れなくても息に勢いが出るので、リードの振動や楽器自体の振動を邪魔しないかぎり「楽器に息を吹き込む」と考えるよりも楽に「f」を出すことできます。「口や指ではなく、息で音を出す」と思いながら吹いてみましょう。

息を出すときに「腹筋に力を入れよう、お腹で支えよう」とも思わなくてもOK。息の方向を考えて「息を必要なだけ出し続けよう」と考えると勝手に必要な筋肉が使われ、結果的にお腹で支えていることになります。

また、これがあっけなくできるためには、姿勢や構え方もとても関係してくるのですが、これは実際のレッスンの範囲なので個人的に見させていただきたいと思いますまずはこれをヒントにぜひ練習してみてください(^^)/


個人的に見てもらいたい方はぜひご参加ください!
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村










こんにちは!豊永よしこです。
本番で緊張してしまう理由は色々だと思いますが、今日は周りの目が気になって緊張してしまう方へ、日常生活でもできる対策を提案したいと思います。


それは「一人でちょっとハードルの高いことをする」です。たとえば…

・一人でラーメン屋さんに入る
・一人でおしゃれカフェでスイーツを頼む
・誘いを断って、一人で帰宅する、一人で勉強する
・授業中や会議中、普段よりも発言してみる
・一人で遊園地に行く(最高レベル?)

などなど…普段しないけれど、本当はしてみたいちょっとハードルの高いことにチャレンジしてみます。こういうことをやっている時、周りの目が気になる人の頭の中はこうなっているかも。

・変な人って思われてないかな?
・自分だけ個人行動して、周りはどう思うかな?
・友達がいない可哀そうな子、って思われないかな?
・こんなことして引かれないかな?

こんな状態かもしれませんね。でもこれと同じようなことを本番でも考えていませんか?

・緊張してガチガチなのバカにされてないかな?
・下手なくせに図々しいって思われないかな?
・ミスしたら下手だなって思われないかな?
・先輩のクセに下手って思われてないかな?

共通するのは、周りの反応が気になって周りの反応で自分の価値を決めようとしているところです。でも、周りの反応は相手の気分や趣味によるところがとても大きいし、第一他人の反応をコントロールする事なんてムリです。

また「相手はこう思ってるに違いない」という考え自体、思い込みや妄想なんですよね。勝手に自分の中で相手の反応を決めてしまってるんです。

そして、周りは意外と自分のことを気にかけていないものです。気にかけていても、自分の思い込み以上に気にかけていることはまずないのでは?とても気にかけている人がいるとすれば、それはあなたの成功を心から願っている人です。

ほとんどいないと思いますが、失敗を願ってる人もいるかもしれません。でも気にするのは相手に力を与えるだけ。相手にせず自分の演奏にエネルギーを注ぎましょう(^^)

ふだんから「一人でちょっとハードルの高いことをする」ことで、本番でも起こる心の動きに慣れ、対策を立てておくことができます。これもまた練習なんですよね(^^)/



まとめます。こんな思いが湧いてきたら…
「周りは〇〇と思ってるに違いない!」
⇒それは自分の思い込み、妄想

「〇〇と思ってもらいたい!」
⇒相手の反応は自分ではコントロールできない

「それでも周りが気になる!」
⇒自分が思ってるほど自分のことを気にしている人はいない


周りの目が気になったら、この3点を普段から我に返って思い直してみましょう。

身体の使いかたもそうですが、考え方のクセも本番の時に出るものです。遠回りのようですが、普段の考え方から見直すことが本番対策にもつながっていきます。気長に取り組んでいきましょう(^^)/


お席残り3名です。平日開催は最後です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村










こんにちは!豊永よしこです。

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
今日は指の動かし方、力の入れ方で音楽が変わることを動画でご紹介したいと思います。
お題はこちらです
image

ローズ32のエチュードの1番の4~5小節目です。(譜面では5小節目は映っていませんが、動画では吹いています。)携帯で簡単に撮ったので、どこまで参考になるかわからないのですが…


まず1つめ。指をバタバタ動かしてみました。
 
滑らかさがイマイチで、デコボコして聴こえます。 吹く前から力んでいるので、発音にも雑音がはいっています。



2つめ。普段の2~3倍指に力を入れてみました。


音の響きがもうひとつ。特に後半は音がつぶれて聴こえます。




3つめです。 音楽の流れを考えてみました。

指をなめらかに動かすことができて、音も響いて聴こえます。


いかがだったでしょうか?指の動かし方が変わると音や音楽の流れも変わってきます。考えかたも大きな影響を与えます。自分はどんな音楽を奏でたいかな?と考えて色々試してみると面白いと思います(^^)/




グループレッスンでは、音楽に合った指の動かし方、自分のやりたいことに近づくための考え方、身体の使いかたをレッスンします。お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







こんにちは!豊永よしこです。

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
今日のお題はこちらです
image


ローズ32のエチュード、1番の最後の部分です。全体を「p」で、スラーの変わり目でタンギング、強弱をつけるところがあります。

この部分を吹く時、どんなことが頭に浮かびますか?
・怖い…
・できるかな…
・かすれないで出るかな?
・音程大丈夫かな…
・リードミス出そう…
・噛まないように…
・強弱付けられるかな…
・高音のタンギング苦手…
・息が足りるかな…

「p」のこの音域はちょっと怖いですが、これらの雑念が足を引っ張ります。恐怖感を感じると、それだけで身体が固く縮まりやすくなります。また、雑念を考えると必要なことが考えられなくなってしまいます。まずこの「雑念」を全部ごみ箱に捨てましょう(^^)/

代わりに考えたいのは「自分ならこう吹く。」ただ何となく吹くだけでは成功率もイマイチ、説得力もあまり出てきません。「この部分、自分ならどう吹きたいかな?」と思いを巡らせ、理想の音やフレーズ感やスピード感、強弱、方向性などを頭の中に創造します

そして、それを実現させるには何をしたらいいのかな?と考えます。色々やるべきこと、考えることはありますが、この場合一番考えたいのは「息」です。高音の「p」、タンギング、強弱、音程などを思い通りに吹く為には「息」が絶対に必要なんです。

音を出した瞬間から音が消える瞬間まで「息」のことを考えます。途中で息の意識が消えると、アンブシュアが力んでリードミスが出たり、音程が上ずったり、音がかすれたり、と思い通りの音とは遠ざかってしまいがちです。

息でリードが振動していないと音が出ないのに、ちょっと難しくなるとなぜか肝心の息のことを忘れてしまうのが人間ですが、そこを超えて「息」を最後の最後まで考える。これが鉄則です。


まとめます。
「p」を最後まで美しく吹くには
1.雑念を捨てる
2.「こう吹きたい」という理想を頭の中に創る
3.理想の演奏をイメージしながら、
発音~音が消える瞬間まで息のことを考えて吹く

今日のお題だけでなく、全てに使える基本なので色々応用してみてください。きっと何か変わると思います(^^)/



グループレッスンでは、息のことはもちろん、その他必要なテクニックもお伝えしていきます。興味のある方はぜひお越しください!
お席残り3名です。


10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









こんにちは!豊永よしこです。
今週土日のレッスン空き時間はこちらです。
・7日(土)15時
・8日(日)10時

随時更新しています。ご希望の方はお早めにお知らせください。


突然ですが、今回を持ちまして土日レッスン空き情報のお知らせを終了させていただきます。レッスンご希望の方は直接メールでお問い合わせくださいね。よろしくお願いいたします(^^)

これからはゆる〜い記事は月曜日に書いて行こうかなと思っています。ネタがない時はお休みです。

今日は1か月ぶりぐらいに1日お休み!とはいえレッスン以外の依頼されているお仕事をしっかりやるのですが、早めに終わらせて息抜きに行きたいと思います

そういえば、メルマガで宝石や鉱物の写真をインスタグラムで見て癒されていると書いたのですが、こんなところで見ています。海外の方のインスタはスケールがダイナミックで好きです(^^)

https://www.instagram.com/geologypage/


https://www.instagram.com/tanyadukes/





教室のインスタも細々とやっています。今のところインスタ映えする写真はほとんどないです(笑)上の写真は玄関の生花。涼しくなって持ちがよくなったので、プリザーブドから切り替えました。インスタにもUPしています。
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/




グループレッスンもまだまだ募集中です!お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







13c922a579c7e5362767e1ce61f7a4e4_s

こんにちは!豊永よしこです。

10月メルマガの内容、次のようになりました(^^)/

1.最近の教室から~アレクサンダーテクニークワークショップ、終了しました!
2.10月のグループレッスンはローズの32のエチュードを使います!
3.注目のブログ記事
4.今月のおススメ動画
5.発表会曲目決定
6.アレクサンダーテクニークを始めて変わったこと


アレクサンダーを始めると体調がよくなったり、気分がよくなったり
環境を変えたくなったり(転職とか独立とか)という話をよく聞きますが
私の精神面での変化をちょっと書いています。

動画は、変われない自分にダメ出しちゃう人のための対処法です。こういう動画を紹介するのは初ですね。

ご登録は下のリンクからどうぞ。
10月27日のグループレッスンもまだまだ受付中です!
迷っている方はお早めにお申し込みください(^^)/


10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








image

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
ゆったりした曲は指の速い動きがないから楽~!と思いきや、実は別の難しさがあるもの。

安定したテンポで吹いているつもりが、気が付いたらこんなことが起こっていませんか?
・最初のテンポより速くなってしまう
・難しいパッセージやトリルや装飾で遅くなってしまう
・ややこしいリズムやパッセージの前後のテンポが安定しない

上の楽譜は、ローズ32のエチュード「1番」の一部分ですが、テンポが迷子になりやすいところです。

テンポが安定しなかったり、テンポを見失っている時はこんなことが起きているかもしれません。

・曲の拍子(「1番」なら4分の4拍子)を意識せずに吹いている
・ややこしいリズム、トリル、装飾などにとらわれて拍子が頭の中から消えてしまう
・楽譜通りに吹くので精一杯で拍子にまで頭が回らない
・休符や長い音符の長さを適当に吹いている
・曲の全体を把握せずに、最初のフレーズが吹きやすいテンポで始めてしまう etc

こんな時は、吹くのをやめて楽譜を歌ってみましょう。特定な箇所だけ出来ない場合はその部分を中心に、全体が出来ない場合は曲をいくつかに区切って練習します。(この練習ではテンポを安定させることが目的なので、アーティキュレーションや強弱等は付けません。)

まずは単純に
・「リズム」だけ歌えるテンポで歌う(ターター、ラーラーなど)
・「音名」だけを機械的に読む

リズムや音名がスラスラ読めていないと、吹いたときにテンポが不安定になるので、まずは単純に読む練習です。

これが出来たら、止まらず歌えるテンポで「リズム」と「音名」を一緒に(楽譜通り)読みます。音程は取れるところだけでOKです。取れないところはピアノなどで音程を取って歌う練習をしてみてください。

次に、指揮をしながら歌います。普通に指揮してもいいし、教室ではこんな感じでホワイトボードに書きながら歌ってもらうことが多いです。指揮するときは、音楽の流れを止めない動きをするのがコツです。
image


歌いながら拍子を感じることに慣れたら、頭の中で指揮ができるようにします。まず音を出さないで楽器に息を送るだけで、頭の中で指揮をしながら楽譜通り指を動かしてみます。指揮が消えずにずっと続けることが出来ればOKです。

それが出来たら頭の中で指揮をしながら、音を出して楽譜通り吹いてみます。ここまでできると、自然な音楽の流れの中で旋律が吹ける下地が出来てきます。この練習を繰り返しやっていくと、ゆったりした曲を吹くコツがつかめるようになると思います。

手順はこの6ステップ。
1.リズムだけ歌う
2.音名だけ読む
3.リズムと音名を合体させて楽譜通り歌う
4.実際に指揮しながら、楽譜通り歌う
5.頭の中で指揮しながら、音を出さないで楽譜通り指を動かす
6.頭の中で指揮しながら、楽譜通り吹く

止まらないでできる速さから始めます。難しく感じたら前の番号に戻ります。


また、ゆったりした曲は細かく数えることもお勧めします。4分の4拍子なら4分音符で数えるのが普通ですが、16分音符で数えてみるのです。そうすることで、細かい音符や長い音符、休符が正確にとらえられるようになり、不自然なテンポの揺れが減ってきます。この時もデジタルに数えずに、自然な指揮で動きの流れがある数え方をしてみてください。

最終的には拍子を一生懸命カウントせず、音楽の流れを感じながら吹くことがゴールです。
マイケル・ジャクソンがこんなことを言っていたそうです。
「観客にカウントしていることを悟らせてはいけない」音楽も一緒だと思います。

水面下ではあらゆる注意を払っていても、表に出ている部分は優雅な音楽しか聴こえない…練習を重ねて湖面を滑る白鳥のようになっていたいものですね(^^)/



次回のグループレッスンでは
このような曲を演奏するための超基礎も扱っていきます(^^)/
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村












↑このページのトップヘ