クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

曲とスケールを直結させて上達ループをつくる!スケール練習法

FullSizeRender
(私の歴代アイヒラーです。初代は高校生の時に使っていたもの)

スケールやらなきゃ!と思ってるけど時間が無くて曲だけで精いっぱい、買ってみたけど活用できずに本棚で冬眠…という方へ

今日は「スケール→曲」という教科書的なやり方ではなく、「曲→スケール」でスケールを活用させていく練習方法を提案してみたいと思います。日本で一番有名なスケールを例にしますね。



この練習を続けていくことで、少しずつ曲を仕上げるのが早くなり→よりスケールに時間を割けるようになり→基礎力が付いてさらに曲が楽に吹ける…という上達ループに入ることが出来ます。



【曲と同じ調のスケールを練習】
曲をもらったら、曲と同じ調のスケールを練習してみましょう。スケールでその調になじんでおくと♯♭を落とす確率が減ります。

調がわからないときは調号が同じ数のスケールを吹きます。2オクターブでも覚えておくと曲の練習前にサッと吹けて便利です。



【曲の傾向にあったスケールを部分的に練習】
まず曲のどこが難しそうか、練習したいかをピックアップします。そうしたらその部分に近い音域、音型のスケールを練習しましょう。部分的に1小節でもOK。まずは超ゆっくりで、最終的には曲のテンポで吹けるようにします。

跳躍が大変そうなら2.3.7を練習。なだらかな音階をベースにしたパッセージは、1.5.6を練習します。

歌う曲やゆったりした曲なら、曲に近いテンポで滑らかに吹く練習をします。漠然と吹くより、目指す音(1オクターブ上の音や最高音など)を決めると歌う練習の下地になります。スケールをメロディの1フレーズと思うだけでも違います。跳躍のない1から始めると段階的に練習できると思います。


【自分の苦手をピンポイントで練習】
曲を吹いているといつもつまづく、指摘されるテクニックをピンポイントで練習します。

指がばらけてしまうなら、まず右手か左手かどちらがばらけやすいのかを思い出し、気になる部分の音域を練習します。2~7まで、跳躍の幅の狭い番号から段階的に練習しましょう。

指の力が抜けないなら1を練習します。1で抜けないなら他の番号はもっと力が入ってしまうからです。音を出さないで息を楽器に流しながら指を軽く軽く動かす練習をお勧めします。力加減がわかったら同じ要領で音を出す。これを交互に練習します。

ダイナミクスを付けるのが苦手なら、好きな番号の出しやすい音域を1オクターブ程度取り出して希望の音量で練習します。出しやすい音域で慣れてきたら、曲中に出てくる音域で練習しましょう。

スタッカートやタンギングが苦手なら、跳躍の幅の狭い番号(1.5.6)で出しやすい音域からスラーで練習しましょう。スタッカートやタンギングも息がポイントなので、スラーで息を流せるようになってからスタッカートやタンギングを練習しましょう。(跳躍の幅の狭い番号から始めるのは、その方が息が通しやすく指の難易度が低いからです)



書き出すとキリがないですが、このように曲に直結させて使うことも十分可能なんです。スケールは曲によく出てくるパターンの集大成なので、とても使い勝手がいいんですよね。

全部の調暗譜していつでも吹けるようにが理想ですが、そうもいかない方が多いと思います。出来ないことに罪悪感を持つよりも、自分のできることを細く長く続けるのをおススメします。練習を工夫するのも楽しいですよ!気軽にトライしてみてください(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



メルマガ2月15日号の内容!

13c922a579c7e5362767e1ce61f7a4e4_s

明日配信のメルマガはこのような内容になりました。

【メニュー】
1.アンブシュアのグループレッスン、第3回目が終了しました!
2.2月23日はアレクサンダーテクニークグループレッスンです。
3.ブログ記事・1月16日~2月15日
4.コンサート情報
5.今年度の勉強会について

コンサート情報、エキストラ募集、団員募集情報掲載ご希望の方はメールでお知らせください。メルマガ登録がまだの方は登録してからご連絡ください。

★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



参加者の声その2『2月11日・アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』

FullSizeRender

参加された方からのご感想、その2です!その1はこちら



【Aさん クラリネット愛好家 男性】


1.レッスンを受けたご感想、学んだこと、
新しく知ったことはありましたか??

『頭の位置』について教わった事が一番印象に残っています。
今迄は『理想の姿勢』を意識しすぎて頭をかなり後ろに引く感じでいました。
そうすると気道が真っ直ぐなるのか息の通りが良くなり音も良くなるのですが、
その姿勢を保つ為に後頭部から首の後ろ、
背中にかけてかなり力まなければならず、
すぐに頭痛が始まり、息も普段の半分くらいしか吸えない状態でした。
それが『頭の位置』の説明を受けた後に吹いたら
同じような音質の音をかなり楽に出す事ができました。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと、
新しく知ったこと等ありましたか?

周りの空間を意識するだけで、格段に音が良くなるのには驚きました。
良い音なのに楽器の先2m位で煙のように拡散しまう感じのあった方が、
意識を変化させただけで、
音が存在感を持ったまま壁まで到達してるような感じになったのは驚きでした。
また、足を一歩前に出したり、
立ち上がったりする瞬間に音を出すと、
急に出だしがハッキリするのも驚きました。
あまりの変化に、ご本人も笑ってしまっていましたね。

3.今回学んだことで実践できそうなことはありましたか?
・「頭蓋骨と背骨がこの辺りで繋がってて…」
「腕が体に鎖骨で繋がってて…」等各部の繋がりを意識するようにすること。
・「息を吸う時に肩を上げちゃいけない」は忘れる事。
・周りの空間を意識する事。
・立ち上がる瞬間に息を出した時の感覚を掴む事。


【Iさん クラリネット愛好家 女性】
1.レッスンを受けたご感想、学んだこと、新しく知ったことはありますか?
アンブシュアグループレッスンへの2度目の参加でしたが、
前回教わったことが再確認できてよかったです。
一度目のレッスンの後、しばらく吹いているうちに新たな疑問が出てきたりもしたので、
みなさんの吹き方を見ながら再確認できた効果は大きいと感じました。
また多少ハッタリであっても、
考え方を前向きに変えるだけで音の方向性が変わったことに驚きました。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
新しく知ったことはありますか?
どの方のレッスンにも、
自分にも当てはまる課題が少なからずありました。
(立ち上がりながら音を出すと芯のある音が出るのに、
動かずに音を出すと元に戻ってしまうなど。)
2度のレッスンを通して繰り返し練習方法を確認でき、
実践しやすくなりました。

3.今回学んだことで実践できそうなことはありますか?
音を出す瞬間の動作(立ち上がる、または前に踏み出す)
合奏で吹く時の意識の持ち方。



【Aさん クラリネット愛好家 男性】


1.レッスンを受けたご感想、学んだこと、

息の流れが安定すると
アンブシュアも自然に安定することが体験できた。
トータルバランスの一部として
アンブシュアを捉えることが大事だと思った。
空間を意識して、
周りの人や物を共鳴に利用するという
アイデアがとても参考になった。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと、
同じ楽器だとより変化がわかりやすく、
楽器歴や習熟度に関係なく
いい方向に変化する瞬間を体験できた。

3.今回学んだことで実践できそうなことがありましたか?
動きながら吹く、を
普段の練習に取り入れようと思った。
空間を意識し、
周りの人や物との共鳴を意識しようと思った。



ご感想ありがとうございました!今後の内容についても色々アイデア頂きました。高音やダイナミクス、エチュード、アンサンブルなど扱うものも順次開催していきたいと思います。また是非ご参加ください(^^)


次回は2月23日のATグループレッスンです。クラリネットの方はもちろん、他の楽器の方、生活改善したい方、大歓迎です(^^)



★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



参加者の声その1『2月11日・アンブシュアの基礎から見直してみよう!グループレッスン』

FullSizeRender

参加者の方から頂いたご感想です!2回に分けてご紹介します。




【Oさん クラリネット愛好家 男性】

1.レッスンを受けたご感想、学んだこと

楽器の構えからアンブシュアをつくる動作までの
体の動きと関連する筋肉がどう動いているかというのが
具体的に学べたことが新発見でした。

今までの自分のアンブシュアは
ほぼ間違っていたということに気づけたばかりでなく
無理なく吹けるアンブシュアを
見つけることができたので良かったです。

また、音を響かせるためには
「自分の周りの空間を意識すること」
「合奏で一緒に吹いている仲間は
音を増幅させる役割を担っていること」
の2点が重要であることを学べ、
意識しながら演奏することの重要性に
気づかされました。


2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
普段は個人レッスンを受けているので
他の方の動作や音色が良い方向に修正していく様子を見れて
自分なりに色々と勉強できたのが良かったです。

他の方のレッスンの時に同じ動作をとったりすることで
動きについても具体的なイメージを持てるのは
グループレッスンの良さだと思いました。


3.今回学んだことで実践できそうなことがありましたか?
自然に吹けるアンブシュアを見つけれたので
リードやマウスピースなどの
仕掛けを見直すことができると思いますし、

改善前までバテやすいアンブシュアが悩みの種でしたが
無理なくクラリネットを吹くことができると思いますので
今までより練習に取り組みやすい環境になると思います。



【Iさん プロ奏者、指導者 女性】

1.レッスンを受けたご感想、学んだこと

一歩前に進んで吹くだけで、
こんなにも息のスピードが変わるのかと
ビックリしました。

音のイメージを頭の中だけではなく
実際に体を動かすことで、
さらにはっきりと描くことができたと思います。


1.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
下の歯は自分が思っていたよりも噛んで良いことや、
下の歯の役割については眼から鱗でした。
普段から噛んではいけないと
口酸っぱく言われてきたので、
噛まないことに意識がいき過ぎていたなと思い、
あらためて下の歯の役割の大切さを知りました。

3.今回学んだことで実践できそうなことはありますか?
立ったり座ったりしながら吹く



【Kさん クラリネット愛好家 女性】
1.レッスンを受けたご感想、学んだこと
グループレッスンっていいなと思いました。
初心者でもベテランでも
大事なことは同じなんだと思いました。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
演奏する人が自分のの意識を変えるだけで
音が良い音になるのは、
自分自身の演奏時には分かりづらいのですが、
他の方の演奏時には
冷静に音を聴くことが出来るので、
とても分かりやすかったです。


3.今回学んだことで実践できそうなことがありましたか?
演奏前と演奏中の意識の持ち方
音の出だし
楽器の構え方
アンブシュア


ご感想ありがとうございました!お役に立てたようで嬉しいです。これからもまたぜひご参加ください。

次回はアレクサンダーテクニークを使ったレッスンです。クラリネットはもちろん、他の楽器の方、動きを見直して生活をもっと楽しくしたい方も大歓迎です。



★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




写真&解説『2月11日・アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』

昨日、3回目のアンブシュアのグループレッスンが終了しました!今回は曲の一節を吹く方が多かったせいか、より音の変化がはっきりわかりました。では早速レッスンです!



アンブシュアといっても身体全体が関わるので、演奏の時の立ち方、構え方などを中心にレッスンしました。新入りガイコツ君で腕がどこから動くかの説明をしています。
FullSizeRender


空間&身体全体を使った吹き方を練習しています。身体全体のバランスが大分変化しましたね。
FullSizeRender


自分の身体を知ると音が変わってきます。頭を触ってスキャン。
FullSizeRender


頭と身体の境目からどう動けるのかな?お手伝いしています。
FullSizeRender


オーケストラ曲の一節でのレッスン。いつも超絶難度の曲を練習されています。
FullSizeRender


教室名物、魔法の動き(ちゃんと根拠あり)で音の出だしがクリアに!
IMG_1085


吹奏楽曲でのレッスン。ベテラン奏者の方。
IMG_1094


意識の持ち方、身体の使い方で演奏にかなりの変化が!!
FullSizeRender


プロ奏者の方。身体全体、特に股関節を使う練習。
FullSizeRender


立奏版魔法の動きで音の立ち上がりが別人に!
FullSizeRender


デュエット曲でのレッスン。アンブシュアに使う筋肉を説明しています。
IMG_1134


最初は緊張されていましたが、コツをつかんで吹けるようになると、音程がかなり改善されました。
FullSizeRender






ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。今回は関東一円だけでなく、東北、関西からの参加者も!感謝です…!
FullSizeRender


終了後はお茶会です。
FullSizeRender


アンブシュアの話をしているようですね。形だけどうにかしても根本的な解決にはならないと言っていたような(^^)
FullSizeRender


年齢、地域、活動拠点もバラバラですがクラリネットで繋がるご縁、いいですね♪
FullSizeRender


次の記事では参加者の方から頂いたご感想をご紹介したいと思います。学んだことを詳しく書いてくださった方が多いので、よく読むと内容も少し垣間見えると思います。お楽しみに!


2月23日はATのグループレッスンです。クラリネット以外の方も参加できます。まだまだ募集中です。




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




明日はアンブシュアグループレッスン、最終回です!ATグループレッスンも受付中です。

1245190

明日は3回目のアンブシュアグループレッスンです。今回でアンブシュアに特化したグループレッスンはいったんお休み、次回は別のテーマでやる予定です。

やはりずっとやってきて思うのは、アンブシュアは「結果」。こういう形にすればいい音が出るようになる、楽に吹けるようになる、と言うよりは必要な事をやった結果、音が響いて楽に吹けるアンブシュアになるんです。レッスンではその「必要な事」をお一人ずつに合わせてやっていきたいと思っています。

立ち方座り方、構え方、空間のとらえ方、息の出し方、ボディマッピング、思考など色々絡んでいて、なかなか根深いテーマなので1回で解決!といかないかもしれませんが、他の方のレッスンも自分のヒントにして沢山持ち帰っていただきたいなと思います。

そもそも同じテーマで他の方のレッスンを、しかも間近で沢山見るっておそらく日本ではほとんどないのでは?それだけでも参加される意義があると思います。

私もコンディションを整え全力でやっていきますのでよろしくお願いします。明日のお菓子は今から探しに行きます~!季節柄チョコ系でしょうか(^^)/


2月23日13時~のアレクサンダーグループレッスンも受付中です。アンブシュアのこともご希望でしたらやりますよ!他の楽器の方も大歓迎です。

お申込みはこちらからどうぞ!



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「せっかく教えてもらってるのに出来なくてすみません」…と思っていませんか?

683537

せっかく意を決してレッスンを受け始めたのに、習ったことがすぐできない、忘れてしまう、できてもすぐ戻る…これが続くと先生に申し訳なく思ったり、自分を責めたりがっかりしてしまうかもしれません。

でも思い出してください。人間は忘れる生き物、一度で覚えられない生き物、繰り返し練習しないとできない生き物なんです。私自身もこの3点、完全網羅してます(笑)

生徒さんがすぐできない、忘れてしまう、元に戻ってしまうは完全に想定内。そうなった時はどうやったら身に付けてもらえるかな?と他のやり方を考えるだけです。

せっかく教えてもらってるのに申し訳ない、恥ずかしい…なんて1ミリも思わなくて大丈夫。何度もやりましょう。忘れたら思い出しましょう。思い出せなかったら繰り返し教えます。

日々の歩みは見えなくても、そうしてるうちに1年後には別人になっていると思います(^^)/



2月23日アレクサンダーテクニークグループレッスンはこちら!
興味のある方はご参加ください。AT楽しいですよ♪




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室
http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場