クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

マウスピースの寿命を見極めるチェックポイント

FullSizeRender

先日マウスピースの選定に行ったお店でこんなチラシが置いてありました。マウスピースがこうなっていたら即変えよう!ということがわかりやすく書いてあります。まとめるとこの5つのチェックポイントがあります。

1.先端が欠けていたり、傷がついていませんか?

2.先端の内側のエッジがすり減って丸くなっていませんか?

3.先端外側(上の前歯が当たる部分)がすり減っていませんか?

4.サイドレール(リードの接地面)がすり減っていませんか?

5.接合部のコルクが欠けたり痩せていませんか?


(詳しくは写真を拡大してみてくださいね)
これが1つでも当てはまると、リードがうまく振動しなかったり、アンブシュアが安定しなかったり、息が上手く生かせないことがあります。無理して吹いていると確実に力みグセが付いてしまいます。

おそらく学校の備品はこの5つ全部クリアしているのではないでしょうか(泣)経済面の問題もあるので強くは言えませんが、マウスピースだけでも自分のものを買って大事に使ってほしいと思います。

自分のマウスピースでも、時々観察して異常がないかチェックしてみましょう。気に入っているとずうっと使いたいものですが、傷やすり減り、老朽化していたら変えるサインです。

いつも気持ちよく吹く為に最低限気をつけたいこと。最短距離で上達するためにも、マウスピース、チェックしてみてくださいね(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



選定の春!

FullSizeRender

今日はマウスピースとリガチャーを選定してきました!春はやはり多いですね。マウスピースやリガチャー、楽器は1つ1つ少しずつ違うので、スーパーで日用品を買うようにはいかないんです。楽器屋さんに出向いて在庫をあるだけ出してもらい、1個1個私が吹いて試して「これだ!」というものを選んでいます。

それぞれの方で選定ポイントは違うと思いますが、私がいつも気を付けているのは

「息が気持ちよく通ること」です。

まずこれをクリアしたものから色々な細かい点をチェックして選定していきます。

また、頼まれた方の好みや普段の吹き方も考慮に入れています。今回も「音は良いんだけど初級者だからちょっと難しいかな…」というものは迷いましたが選びませんでした。

選定は私1人で出向いて選ぶほか、生徒さんも一緒に吹いて選ぶこともできます。生徒さんはもちろん、遠方の方のご注文も承っていますので、興味のある方はHPからお問い合わせください(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




「義務と強制」のない練習

FullSizeRender

今日のレッスンスタートはこの曲↑でした。この曲で思い出したのは私の中学時代の練習です。当時はクラリネットの個人レッスンを受けるという選択肢自体がなく、プロの方に習えるのは時々部活に講師の先生がいらっしゃる時だけ。それも一人3分ぐらいのわずかな時間でした。

もともとクラリネットとオーボエの区別もつかないような状態で、部活で言われるがままに始めたクラリネットでしたが、凝り性なので、やりだすと止まらない(笑)

写真の楽譜は中学時代に買ったものです。FMラジオでこの曲(モーツァルトのクラリネット五重奏曲)を聴いてとっても気に入ったので、まずは耳コピーで吹いていました。

でももっとちゃんとやりたいと思い、買ったのがこのスコアです。スコアからクラリネットのパートだけを書き写し、部活の時に全楽章好きなように吹いていました。

また学校で与えられたスケールを1日100回ノルマと決めて「正」の字を並べて練習したり、クローゼの指練習を頭から火が出るほど練習したり、独自に半音階の練習方法を編み出してこれも今も覚えているほど沢山練習しました。

以前も書きましたが「バンドジャーナル」のクラ奏者のアンブシュアを真似して研究したり、毎晩ライスターのレコードをかけながら寝たり…誰からもほぼ習わず、好き勝手に楽しんでいました。

いまはレッスンしているところも増えて、思い立ったらレッスンを受けられるような驚きの時代になりました。

私が中学生の頃は、先生がいるかすらよくわからず、音大入試でレッスンが必要と言われたときもピアノの先生を介して紹介してもらいました。

また「近所にプロのオーケストラの人が住んでるらしい」という情報が飛び交い、それを聞いた後輩が家を探し出し押しかけていってレッスンをしてもらっていたような時代でした(笑)

レッスンを受けるのはもちろん強くおススメしたいのですが、無軌道な自分の「やってみたい」を叶える練習も同じぐらいおススメしたいものです。

先生のおっしゃる通り与えられた課題だけをまじめに道を踏み外さないように…では体験できないことが沢山ある。

自分の「やりたい」にしたがう「義務と強制」のない練習。やってみると楽しいですよ。今プロになっている人に話を聞くとみんな結構色々やっています。こっそりとお勧めしたいと思います(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






ゴールデンウイークのお休みについて

741560

ゴールデンウィークのお休みは、次のようになります。

【お休み】
4月30日、5月1日、5月3日~6日

※4月29日(土)、5月2日(水)はレッスンあり。まだ空きがあります。通常の教室のお休み(月火曜)の変更はありません。

以上よろしくお願いします(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






みんなに好かれる演奏をしたい!と思っている方へ

191916

みんなに好かれる演奏をしたい!先生や先輩、友達に好かれたい、褒めてもらいたい、観客にいいと思ってもらいたい…この思いは多かれ少なかれ皆さん持っているのではないでしょうか。

好かれようと思うがあまり緊張してしまったり、何を吹いたかわからなくなってしまったり…という事もあるかもしれません。私も先生や先輩によく思われようと演奏していたときは、緊張して撃沈したことも沢山…


先日こんな話を聞きました。

「人に好かれる原因と、嫌われる原因は同じ」

あの人の音は明るいから好き
あの人の音は明るすぎて嫌い

この演奏は思いがこもっていて好き
この演奏は思いがこもりすぎてて嫌い

同じことについて言っていますが、評価が真逆です。

ほかにも色々思い浮かべてみてください。全てこんな調子ですよね。どんなに人気で良いとされといるものにも必ず反対意見があります。世界的なソリストの動画でさえ「No」が付いています。

他人に好かれたい、評価を得たいと思っても人の好みや見方はそれぞれ、どんなに頑張ってもみんなに好かれるというのはムリなんです。


だったら他人によく思われようとするエネルギーを、自分が大好きと思う演奏をするために注いでみませんか?

人前で演奏するとき「皆に気に入ってもらえるように…」と思って演奏するのをやめて

「私と私が大好きとおもう音楽を一緒に楽しみませんか?気に入らなかったら寝ててOKです(^^)」

こう思って演奏します。これを真剣にやると変わってきます。こうすることで外の評価を気にして分散されていたエネルギーが自分に戻ってきます。

他人の評価を気にして起こる緊張もおさまってきて、集中した演奏ができ、結果共感する人が増えるのではないかなと思います。


「来てくれたお客様に喜んでもらおう!」「先生や先輩の指摘を取り入れよう!」はレベルを上げるためには必要で素敵な考えです。

でもそれが知らないうちに「好かれたいから」がスタートになっていませんか?自分の好みをないがしろにして他人に好かれようと頑張っていませんか?そんな方が多い気がしたので書いてみました。

私も長い間人の目地獄にはまっていましたが(笑)今はだいぶやめられたのでかなり快適です。演奏するのが大好きで楽しかったはずなのに最近苦しい…と思ったらちょっと振り返ってみてください(^^)/





楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






こちらのブログも読んでみてください(^^)/

FullSizeRender

2016年初めぐらいまでは、こちらのアメブロで記事を書いていました。アメブロは突然削除されてしまうとか、アクセス数が大幅に盛られているとか色々デメリットを聞いたので、今のブログに落ち着いています。

幸いにもまだ削除されていないので、読んだことのない方はぜひ読んでみてください。

https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet

アレクサンダーテクニークのレッスンに行き始めたころからの自分の学びレポートや、過去の発表会、勉強会の様子、上手になるヒント等沢山書いています。

今のブログも必要なところはリライトする予定ですが、その勢いでアメブロの記事も移動させて一本化…が理想です。気力体力が持つかどうかですね(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






音源を聴くときにぜひやってほしいこと

e85e8e90e348518c0d8bd722e657323b_s

今は「あの曲聴きたい!」と思ったらすぐネットで音源が聴けるようになりました。楽譜を読む前に聴いてしまうことも多々あるのではないでしょうか?

今日おすすめしたいのは「音源を聴くときは楽譜を読みながら聴く」ということ。

クラリネット&ピアノならピアノ譜を、アンサンブルや吹奏楽、オーケストラならスコアを読みながら聴いてほしいなと思います。楽譜を読みながら聴くことでこんなことがわかります。

「自分は休みだけど他の楽器はこんな動きをしてるんだ」

「自分のメロディーと他の楽器はこう絡み合ってるんだ」

「単調なメロディーだと思ってたけど、他の楽器は複雑な動きをしてるんだ」

「音源では聴き取れなかったけど、あの楽器と一緒に吹くんだ」


などなど、沢山のことがわかります。それだけでなく、楽譜を読みながら聴くと全体が把握できその中で吹けるようになるので、演奏しやすくなり、目立つところやソロのプレッシャーや怖さが減ってくるんです。

「楽譜よく読めないからムリ・・」なら、わかるところから始めてみましょう。

たとえば「自分はどの楽器と一緒に吹くのかな?」ならスコアに楽器名が書いてあるからわかりますよね。そこから少しずつ読むことに慣れていきましょう。

とっても上手に吹けるのに、意外とピアノ譜やスコアで全体を把握していない方も結構います。もっと力を発揮するためにも、ぜひ「楽譜を読みながら音源を聴く」やってみてほしいと思います(^^)/




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場