アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

741258

こんにちは!豊永よしこです。
上手になりたいからレッスンに行ってみた!最初は上達している気がしたけど、最近なんだかイマイチ停滞…いう方、いらっしゃいませんか?

原因は先生側、生徒さん側両方あると思うのですが、今日は生徒さん側のお話です。こんなこと思い当たらないでしょうか?

・レッスンに行っただけで満足してしまう
・レッスンの時には気を付けて出来るけれど、外では忘れて元の吹き方をしてしまう

これはせっかくのレッスンが生かせてないケースです。レッスンで習っている時間は全体から見るとごくわずか。いつも先生が練習に付き合ってくれれば注意してもらえますが、そうではないですよね。レッスンよりはるかに長いレッスン外の時間をどう過ごすか?が上達への大事なポイントになります。

楽器はこれまでやったことのないことを身につけたり、これまでの習慣を更新していくことで上手になります。

そのためには、自分を「変えていこう」と決めて過ごすことが必要なんです。どんなにいい吹き方、身体の使いかたや考え方を習っても、レッスンで出来ただけで満足して何もしなかったり、変えていこう、という意識が薄いとすぐ元に戻ってしまいます。

これは語学の勉強と似ています。新しい言語を習ったらすぐ話せるようになるわけではなく、練習する機会を作って「〇〇語を話す」と決めて過ごさないと慣れた母国語が出てしまいますよね。無意識に新しい言葉が出てくるまでにはかなりの時間がかかります。

これまでのやり方から新しいやり方に「変えていく」と決めてトライする。最初は一人の時に、慣れてきたら緊張する場面でもトライしてみましょう。

脊髄反射で無意識に楽器を構えて吹くと、昔の吹き方に戻りやすいので、新しいやり方の手順などを頭の中で復習してから吹いてみる。すぐ出来ないのも普通です。できなくても自己否定をはさまずに淡々と取り組むのがコツです。

意識の持ち方、過ごし方でレッスンでの経験を何倍にもすることもできます。もちろんその逆も。もっと上達したいな~という方は、レッスン外の時間の過ごし方、ぜひ見直してみてください(^^)






レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








ab032ee97cf547c6fa7b7d6525f6aa9e_s

こんにちは!豊永よしこです。
現在アレクサンダーテクニークのレッスン実習を行っていますが、10回のレッスンを受けてくださった方からご感想をいただきましたのでご紹介したいと思います。(掲載許可済み)


 
Aさん 女性40代 音楽家

1)学んだ点、良かったこと、難しかったこと

様々な動作は、骨や筋肉などの複雑な連動によるものだということを学びました。また、その積み重ねによって、考え方など思考も変わる可能性があるという事は、興味深く感じました。


実習生の方の指導の下で試してみると、確かに違いを感じることが出来ました。
しかし習慣化している動作ほど、自ら気付いて新たな動かし方をすることが、難しいとも思いました。時間のかかることでもあります。


実際に意識をすると、つい確認をしてしまいます。 その点が難しかったですが、お願いすればよい、し続ける、というのは目からうろこが落ちる感じでした。

 

2)日常に活かせるか

10回受けた全ての事は一度に覚えられないですけれど、自分にとっていくつかやり易い、分かりやすいものは、思い出した時にさっそくやっています。 自分が本当に困っている動きならば、教わったことを思い出せると思います。

 

3)実習生の教え方やレッスン中の振る舞い

指導して下さった方は、毎回とても真摯に向き合ってくれました。

その場で疑問に思ったことを質問をすると、適当な返事ではなく、慎重に言葉を選んで伝えて下さったと思います。 資料や模型を使って説明して頂くこともありましたし、別の動きを試してみたり、色んなパターンをその都度考えてやって下さいました。


声のトーンも落ち着いていて聞き取りやすく、説明も分かりやすかったです。
動きを試す時はゆっくりとやって頂いたので、その場では実感出来る事が多かったです。

 

4)その他、コメントなど 

私の傾向かもしれませんが、意識を向けることと確認をすることが、とても近い感じにあるので、区別が難しかったです。


また、本来あるべき位置に骨や筋肉などがあると、ものの見方や考え方なども変わる(可能性がある)ということは、大変興味深かったですし、ユニークな考え方だなと思いました。日本人が最近キレやすいのは、姿勢の悪さも少なからず影響があるのかもしれないと思いました。 


また、激しい動きはないので、高齢の方や精神的な問題を抱えている人などにも(ケガや病気の人は程度に応じて)充分活用できると思いました。  


ご協力いただきありがとうございました!お仕事に直結するピアノ、リコーダーやPCでの作曲作業の動きを一緒に探求させていただきました。私自身も色んな発見があり学ばせていただきました。

アレクサンダーテクニークのレッスンはクラリネット以外の楽器の方、楽器を演奏しない方もレッスンOKです。

レッスン料等は今年いっぱいはお試し価格にさせていただいていますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。詳しくはHPからどうぞ(^^)/



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





774167

こんにちは!豊永よしこです。
クラリネットはマスターしたいテクニックが沢山ありますが、練習するときは何を意識しているでしょうか?

指の動き⇒指
タンギング⇒舌
スタッカート⇒舌
アンブシュア⇒口の周り
強弱⇒イメージ
音の響き⇒楽器
高音⇒アンブシュア
跳躍⇒アンブシュア
表情、表現⇒イメージ


などなど…でもこれだけだとイマイチなことも多いんです。色々やっても上手くいかないときは、ここに戻ってみてください。

指の動き⇒
タンギング⇒
スタッカート⇒

アンブシュア⇒
強弱⇒
音の響き⇒
高音⇒
跳躍⇒

表情、表現⇒

「息」です!


レッスンで身体の使いかたや考え方にフォーカスするときは、この「息」のためであることがとっても多いんです。

一見関係なさそうなことにも息は深いかかわりがあります。壁にぶち当たった時は「息」に戻ってみること、強くお勧めします(^^)/




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







こんにちは!豊永よしこです。
昨日こちらでご案内させていただいた、ローズ32のエチュードを使ったグループレッスン、おかげさまで満席となりました。これよりキャンセル待ち受付とさせていただきます。詳細、お申込みはHPからお願いいたします。

次回開催は未定ですが、ご希望が多い場合は前向きに開催を検討させていただきます。SNSのメッセージやコメント、HPなどからお知らせください。

詳細、お申し込みはHPからお願いいたします(^^)/



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla  

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









image

こんにちは!豊永よしこです。

生徒さん、メルマガ読者の方には先行お知らせしましたが、来年1月8日(月祝・成人の日)にグループレッスンを開催いたします。
ローズ32のエチュードの1番を題材に、アレクサンダーテクニークや、アレクサンダーテクニークを応用した奏法を中心にレッスンを行います。10月のグループレッスンとほぼ同じ内容になります。

新しい身体の使いかた&考え方での演奏を体験をしてみたい方、ぜひご参加ください。

前回参加できなかった方、もう一度違う角度から練習してみたい方、これを機会にローズにチャレンジしてみたい方、基礎の基礎から演奏を見直したい方、アレクサンダーテクニークに触れてみたい方など、興味のある方はぜひご参加ください(^^)/

★前回の参加者のご感想はこちら

お席残り1名となりました!詳細、お申込みはHPからお願いいたします。



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
いつものお休みだけでなく、臨時にお休みをいただくことがあるので、こちらにカレンダーをUPすることにしました。

12月の予定はこちら。青いマークのところがお休みです。
image

9日:臨時のお休み、26日:臨時にレッスンをします。

年末年始のお休みは
12月29日(金)~1月5日(金)までいただきます。
遠方の方で「単発個人レッスン」ご希望の場合は、可能であればお休み中も対応しますので、ご相談ください。





レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
速いパッセージがあると、習慣的にメトロノーム練習や付点にするなどのリズム変え練習に取り組んでいませんか?実はこれをやる前にやってほしいことがあります。


それは「ものすご~くゆっくりのテンポで指の動きを観察する」です。


ローズ32のエチュード1番のパッセージです。
image
それほど速くないパッセージですが、レガートがうまく繋がらなかったり、走ったり転んだりすることがありますよね。ここで確認したい指の動きは2つ。


1.「♯」の音の前後の指の動き
小指と薬指が同時に動けていますか?

⇒バラバラだと間に余計な音が入り、インテンポにした時に滑らかに繋がらなくなります。

指を勢いよくバタバタ上げ下げしていませんか?
⇒無駄にアクセントが付いたり、滑らかに繋がりづらくなります。バタバタ=力んでいることが多いので、動かしてる感はあるのに指の動きが鈍くなります。


2.レジスターキーを押さえる音に移行するとき(ラーシ)の指の動き
「ラーシ」に移行するときに、指を動かすタイミングはぴったりですか?
⇒少しでもタイミングがずれると間に余計な音が入ったり、ブツッと切れてしまいます。

「ラ」のキーの押さえ方は適切ですか?
⇒キーの上の方を指の腹で押さえていると、つなげる動きが出来なくなります。また、ギュッと押さえつけていると動きが悪くなるだけでなく、音程や音質も悪くなります。

「シ」の時にギュッと楽器を握りしめていませんか?
⇒楽器を握りしめると次の動きが鈍くなるだけでなく、音の響きも消してしまいます。


難しいところは、どんな動きをしているか観察することが完成への第一歩です。聴覚、視覚(鏡)、触覚を駆使して自分の動きを把握しましょう。

どういう動きをしているかがわかったら、ゆ~っくりのテンポで動きを微調整。動きのコツがつかめたら前後を繋げ、全体をインテンポに近づけていきます。テンポが上がらないときも、動きの確認に戻ってみましょう。

なかなか上手くいかないときは、構え方が原因の時も多々あります。構えから見直すと出来なかった事があっけなく出来てしまうこともあります。

構え方に関してはこちらを参考にしてみてください。構えは身体全体の使いかたや考え方が大きく影響します。
バラバラに動いてしまう小指と薬指に効くアイデア

いつまでも指の力みが取れないとお悩みの方へ

演奏に大きな影響を与える3点バランス

また、動きにとらわれすぎて息が出ていないと、全てがうまくいきません。動きと同じぐらい息のことも考えながら練習してみてください。

動きのクセはどんなパッセージでも出てしまうもの。自分のクセを知り改善できていると、他のパッセージにも応用できるので練習時間を短縮することができます。気長に練習してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla  

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







↑このページのトップヘ