クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

肩こり、腕や首の痛みが楽になる構えかた

楽器をずうっと吹いていると、肩が凝ったり首や腕が痛くなったりすることありませんか?今日はそんな方のために、肩や腕や首が楽になる構えかたを書いてみたいと思います。

演奏ではクラリネットなら1キロ弱、楽器によっては数キロを長時間ずっと支えているわけですから、できるだけ負担が少ない構えで演奏したいものです。

今日提案したいのはここを使うことです。
FullSizeRender
ヒジです。可動域も大きく使い勝手抜群なのに意外と盲点なんですよね。

楽器を自分の身体まで持ってくるとき、肩を上げたり手首や指を使ったりもできますが、そこばかり使うと肩こりや色々な痛みに繋がってしまいます。その代りにヒジをもう少し使ってみるんです。

たとえばいつも肩や手首で楽器を持ち上げていたら、代わりにヒジの角度を変えてみる。普段90度の角度なら、ほんの少し曲げて88度にしてみる。そうするだけで肩や手首、指の仕事が減って変化が起こるんです。

ちなみにヒジを曲げて楽器の重さを支えるのは主にここです。
FullSizeRender

力こぶの筋肉です。ここを使うんだな~とうっすら思って楽器を構えてみましょう。

この動きはエアーの方がやりやすいので、エアーで動きの練習をしてから実際に楽器を構えてみるのをおすすめします。エアーならお仕事や勉強の合間にもできます。ぜひ試してみてください(^^)/



メルマガの過去記事が読めるようになりました。詳しくはこちらから。
http://clarinet.blog.jp/archives/32347858.html


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








noteで過去のメルマガの記事を公開しました!

FullSizeRender

noteという文章などを投稿できるサイトに、これは読んでほしいという過去のメルマガの記事をまとめて公開しました。

今のところこのような記事を公開しています。基本的にメルマガに書いた記事を中心に少しずつ増やしていく予定です。

・ソロコンテストで上位に上がれる子の特徴

・音大進学に対する私の考え

・クラリネットのストラップは必要?必要ない?

・今さら聞けないスワブの使いかた…スワブは上から通す?下から通す?

・私の一番嫌いな仕事

・私の仕掛け公開します!

・驚くべき10代の演奏動画

・芸能人格付けチェックを聴いて思ったこと

・マウスピース選定で私がしていること

・中高生の個人コンクールの審査をしてきました

・楽器調整に行くときに気を付けたいこと&私のお勧めのリペア屋さん

・レッスンで使っている教材を公開します。

・楽器が出来ないアレクサンダーテクニーク教師が楽器演奏の指導ができる理由

・おススメ動画10選!

・アンブシュアは吹く前に作らなきゃいけないの?

・よいアンブシュアの形って決まってるの?

・アマチュアの方の考える「良い音」と専門家の考える「良い音」の大きな違い

・アンブシュアは固めた方がいいの?



noteでは記事を購入する形になります。読みたい記事だけ購入するか、公開されている記事が全部入ったマガジンを購入する形があります。マガジンは一度買えば記事が追加されても金額は同じです。過去記事を探すのは面倒、メルマガ登録はちょっと…という方におススメです。

noteのサイトはこちらです。

https://note.mu/fujisaki_cla


過去記事はメルマガに登録すれば無料で見られますので、過去記事を探したり登録に抵抗がない方はメルマガ登録をおすすめします。登録はこちらからどうぞ。

無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/




レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









タンギング、スタッカートのリードミスを減らす構え方

このあたりの音域、タンギングやスタッカートが連続するとリードミスが出やすくなる方も多いと思います。
FullSizeRender
(クローゼ:クラリネット教則本より)

他の音域では大丈夫なのに、このあたりの音域が不安定になるときは構え方を見直してみましょう。
FullSizeRender
上下の前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構えます。このバランスがうまく行くと、リードを押さえるポイントや圧力が決まり、リードミスが出にくくなります。

リードミスが出てしまう時は、このバランスではなく楽器を握って支えていたり、左手親指と上の前歯で支えていたり、唇の筋肉が力んでいることが多いんです。

だったら指の力を抜こう、唇を緩めるでいいじゃない?と思うかもしれませんが、このバランスで楽器を構えることができてはじめて指やアンブシュアの力みをやめることできます。まずはこのバランスで楽器を構える練習をしてみましょう。

この構えをしたうえで、出したい音と息の方向を考えて音を出してみましょう。うまく行っていればリードミスが出ないだけでなく、音の立ち上がり、音抜けや音量もガラッと変わってくるはずです。

この構えは演奏の基礎ですが、意外と知られていないことの1つです。また、この構えを「固定しよう」と思うとうまく行かなくなります。音楽と同じ、姿勢も構えも全て微妙な揺らぎの元にあります。この辺りはなかなか難しいのでレッスンでお伝えできればと思いますが、まずはこの構えを試してみてほしいと思います(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



雑音のないキレイなタンギングをするには?

先日、私の発信を読んで共感してくださった顧問の先生からご連絡いただき、中学校のクラリネットパートのレッスンに行ってきました。生徒さんが習いたいことを中心にレッスンをしましたが、一番希望が多かったのはタンギングのことでした。

タンギングは初心者のうちから練習しますが、コツを得るのに時間がかかるテクニックだと思います。私もいまだに色々研究しています。

タンギングはザッ、ペッという雑音が出て音が汚くなってしまうのが多くの方のお悩みだと思います。これらの原因は色々ありますが、舌をどうこうするよりも先に改善したいことがあります。


それは何かというと…「息」です。(…これもですか?と言う声が聞こえる(笑)


タンギングはどうしても舌に意識が集まってしまうのですが、舌はリードの振動を一瞬邪魔するだけの役割。舌も大事ですが、いかに息でリードが振動させるかがタンギングの土台の質を決めます。

タンギングの時、息の存在を忘れて意識が「舌100%」になっていませんか?もしそうなら意識を「舌20%、息80%」ぐらいにしてみましょう。舌の動きはしゃべる時と同じかそれ以下でいいので、少し考えるだけで十分なんです。

そして、音が出ている間中ずっと息のことを考えます。特に「タンギングの直前、タンギングの瞬間、タンギングの直後」

雑音が出るときはタンギングの直前に息が減っていたり、タンギングの瞬間に舌に集中しすぎていたり、タンギング直後に息が復活していないときが多いんです。


舌に気を取られて息のことを考えるのが難しい場合は、こんな練習をしてみましょう。
FullSizeRender
(ローズ:32のエチュードより)

1.タンギング(ミファミドララララララララ)を全部繋げて二分音符にし、息に意識を持ってクレッシェンド気味に吹きます。(ミファミドラーーーーーーー)

2.1の時と同じ息とアンブシュアで、息に意識を持って楽譜通りタンギングします。(1に舌の動きを足すだけという意識で)

1.2を繰り返します。


タンギングを全部繋げたりスラーにして、息のことを意識してからタンギングに進む練習です。手元にある基礎練や曲でやってみて下さい。

この吹き方ができるようになると、タンギングがキレイになるだけでなく、音の響きや音量も出て音の印象自体がキレイになります。一石五鳥ぐらいのメリットがあるのでぜひ練習してほしいと思います😊




今日の楽譜はこちら。音大受験にも使われる、おなじみのエチュードです。
ローズ/32のエチュード (ISE Collection International S) [ シリル・ローズ ]
ローズ/32のエチュード (ISE Collection International S) [ シリル・ローズ ]


出張レッスンも承っています。教室のお休み(月・火)が中心になりますが、ご希望の方はまずはお問い合わせください。

無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







ブレスの位置は早めに決めた方がいいですか?

896152

新しい曲の練習を始めたら、どのタイミングでブレスの位置を決めますか?譜読みの段階から?ある程度慣れてから?本番の3日前?

レッスンでは譜読み段階でブレスの位置を相談されることが多いですが、私がおススメしたいのは、段階を踏んで決めていくこと。

譜読みの段階では、ブレスの位置は候補を決めるだけにしておきます。譜読み段階では、楽譜を読んだり音を並べるのに必死で、息の流れも滞りブレスも浅くなりがち。そんな状態で丁度いい場所は決めづらいからです。

譜読みの段階を超えて少し余裕が出来たら、音量やフレーズを作っていくのに必要な息の量を考えながら計画を立て、ブレスの位置を大まかに決めていきましょう。

かなり慣れて楽譜から離れられるようになったら、ブレスの位置を最終決定すると良いと思います。 

ブレスの位置が決まったら、もしもの時の予備ブレスも決めておきましょう。本番では緊張でブレスが浅くなり息が続かなくなることもあるからです。予備ブレスは(V)←こんな感じでカッコを付けておくとわかりやすいです。

ブレスの位置は、色んな曲を練習したりプロの演奏を沢山聴くと法則がわかってきますよ。経験を積んで丁度いい位置を自分で決められるようになるといいですね



無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








苦手なところはありえないテンポで練習しよう!

今日のお題はこちらです。
FullSizeRender
(クローゼ:クラリネット教則本より)

クローゼの指をなめらかに動かすための練習です。この跳躍が苦手な方も多いのでは?(赤丸部分)
FullSizeRender
左右の指がばらけて間に別の音が入ったり、跳躍の瞬間に息が止まって音が切れたり、リードミスも出やすいところです。

こんなときはこの2つの音だけ取り出して練習します。全部吹かないで2つの音だけです。通したい気持ちを抑えて2つの音だけ。ありえないテンポで(^^)


ありえないテンポとは、これらが同時にできるテンポです。

・指の力加減、指の動き方を観察できる
・楽器の構え方を観察できる
・息の出し方を観察できる
・アンブシュアの動きを観察できる

・指に動き方(タイミング、速度、力加減など)を指示できる
・息の出し方を指示できる
・アンブシュアの動きを指示できる など…

「こういう風に吹きたい」と理想のイメージを決めてから自分のやっていることを観察し、新しい動きを試していきます。

これらをやるには、おのずとテンポがかなりゆっくりになるはずです。実際どれくらいゆっくりにするかは個人差がありますが、目安としては「音1つ=メトロノーム30~40」ぐらい。メトロノームに合わせるのがストレスな場合はまずはメトロノーム無しでやってみましょう。

練習して新しい動きが身に付いてきたら、少しずつテンポを上げていきます。どの程度ずつ上げるかは、出来具合と相談してみてください。元に戻ってしまったら、テンポを下げて復習します。

超ゆっくり練習で自分の動きのクセを知って改善ができれば、他の場面でも応用が利くようになります。時間はかかりますが、結果的には近道なんです。

この練習は一歩間違えると身体が固まって息も浅くなりがちですが「周りの空間を意識して、視界を広く」を心がけて伸び伸びと練習しましょう。

また、繰り返すのは連続5回まで!5回吹いたら休憩&振り返り&次どうするかを考えて再開します。必ず効果があるので楽しみに練習してみて下さい(^^)/



今回の楽譜はこちらです。私も10代の頃、鬼のように練習していました。
全音 クローゼ:クラリネット教則本
全音 クローゼ:クラリネット教則本


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






吹いていると口や歯、アゴが痛くなってしまう原因と対策

722499

練習していると口や歯、アゴが痛くなってしまう…口周りの痛みに悩んでいる方も多いのでは?痛みの感じ方はかなり個人差がありますが、少しでも気になっている方はぜひ読んでみてください。


口や歯、アゴが痛くなってしまう原因にはこのようなものが考えられます。

・自分に合わないリードやマウスピース、パッチを使っている
自分に合わない厚いリード、抵抗の強いリードを付けていると、そのリードを振動させるために強く噛む必要があるので、口や歯、アゴの負担になります。

また、自分の体力以上に息が必要なマウスピースで頑張って吹いたり、口の大きさやアゴの開きとマウスピースの厚みが合っていないと負担になり、痛みが出やすくなります。

噛み具合がわかりにくいほど厚く柔らかいパッチを付けていると、知らず知らずのうちに噛みすぎになることもあります。逆に前歯が滑るのにパッチを付けていないとアゴや歯の負担になります。


・奏法、身体の使いかたに無理がある
息でリードを振動させるより口やアゴで音を出そうとしていたり、マウスピースをくわえる深さや角度が自分に合っていないと痛みが出やすくなります。

音を出す基本や身体全体を忘れて部分的にこだわりすぎても、こだわっている部分が不自然に力み痛みが出る場合があります。

「歯の位置を固定する」「口の形を固定する」など「固定」にこだわっているときも、固定のために余計な力みが生まれるので痛みが出やすくなります。

また「ある部分を固定する」と思っても、身体は他の部分もすべて固定するような指示と勘違いするので、身体全体が動きにくくなりその中で無理に頑張ることで痛みが出ることがあります。

歯に問題がないのに下の歯にかぶせる脂取り紙やカバーが手放せない方も、奏法に無理がある可能性があります。


・歯の問題
歯並びの関係で口の粘膜に当たる力が均等でなかったり、歯が欠けるなどで鋭角になっていると、歯が口の粘膜に刺さって痛くなってしまいます。この場合は奏法改善してもあまり変わらないので、下の歯に脂取り紙やカバーをかぶせて粘膜を保護します。


・曲の合間でも緊張状態
曲の合間のお休みなどもアゴが緊張しっぱなしだったり、アンブシュアをしっかり準備して吹いていると、アゴの筋肉がキャパオーバーになってしまい痛みに繋がります。また、使っている筋肉を休ませる機会がないと、緩めてリセットできないので力みが蓄積して故障の原因になります。


・練習時間が長すぎる
人間の身体は休みなく長時間楽器を吹くようには作られていません。自分の体力を上回る練習を長く続けると、口周りだけでなく全身の故障を呼びます。



まとめるとこの3つです。

「道具が自分に合っていない」

「奏法、身体の使いかたに無理がある」

「練習のしすぎ」


自分に合う道具や奏法、身体の使いかたは自分では意外とわからないので、専門家に道具をチェックしてもらったり、吹き方や身体の使いかたを見てもらうことをお勧めします。

練習も無理が続くとそれが普通になり、適量がわかりにくいものです。自分の疲労サインに敏感になったり、夢中になってしまう場合はタイマーをセットしたり、時々先生と練習時間や内容を相談してみましょう。

痛み予防とバテ対策は共通しているので、こちらもご覧ください。
バテ対策カテゴリー

改善策を試しても一向に良くならないときは無理しないで医療機関へ。長く楽器を楽しむためにも時々自分の状態を振り返ってほしいなと思います(^^)/



無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  


先日たまたま聴きに行けました!
世界の大御所から今をときめく若手のトッププレイヤーまで
なかなかそろわないメンバーの力演、素晴らしかったです(^^)/

FullSizeRender


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場